メール:telfordjs@gmail.com

c/o The Telford Park School, Grange Avenue, Stirchley, Telford, TF3 1FA

テルフォード

買い物

Telford Shopping Centreに行けば何でも一通りはあります。 各種商店のほかに、銀行、郵便局、旅行会社、etc.
■ ほとんどの買い物はカード(クレジットカード、スイッチ等デビットカード)で出来ます。 あまり現金は使わないようです。 子どものアイスクリームとか、マクドナルドとかは現金ですので多少の持ち合わせは必要です。
■ チェック(パーソナル小切手) 英国人は良くチェックを使います。
■ CARD 各店でいろいろなその店独自のサービスカードを発行しています。 各々なかなか工夫され、利用するとお得のようです。 説明書がほしいんだけど (例えば I’m interested in your …card. Do you have any leaflet?) と店員さんに言えばパンフレットをくれますから読んで申し込んでください。
■ Anything else?(ほかにご用は?) 対面式のお店で買い物をすると必ず店員さんが聞いてきます。 なかったら No, thank you. と答えてください。
■(Would you like any)Cash back?(お金を銀行から引き出しますか?) スーパーマーケットのレジでスイッチカードで払うと必ず聞かれます。 50ポンドまで引き出せます。 No, thank you. あるいは Yes, please. …pounds please. などと答えてください。 自動的に口座から引き落とされます。
この方法が一番安全な現金引き出し方法です。 偽札の心配もないし、キャッシュディスペンサーの故障もありません。 カードは機械に食われてしまうは(時々あります)、現金は無いは、では目も当てられません。
■ スーパーマーケット Telfordの市内に大きなお店が4つあります。 良く似ているようで各々特徴があります。 年々状況は変化しますが日曜日もオープンしています。 買い方は日本とあまり変わりありません。 前の人のやり方を見ていると分かります。 ただレジで、
お店独自のカードを持っているか?(Do you have … card ?)
お金を引き出すか?(Would you like any cash back ?)
時々、ガソリンの割引券がほしいか?
など聞かれます。 また、ポイントがたまってくると、それを利用するか? などの質問が出ます。 その頃は皆さん臨機応変に対応されるようになっています。
■ 日本食と、お魚、お肉など 豆腐、調味料などSainsbury’sあるいはTelford Shopping Centerでも買うことが出来ますが非常に種類は少ないです。 お魚もスーパーで時々良いものを見つけることが出来ますが、一番確実なのは冷凍ものです。 Icelandも覗いてください。
瀬戸内海
美砂子さんとマークのお店です。 少し手前に駐車場があります。 乾物、お菓子、冷凍品、お米、調味料、etc。 一度行ってみてください。 勿論日本語で注文できます。 開店時間: 火曜-土曜 10時-5時(土曜日は午後5時半まで)
栄業行 WING YIP
バーミンガムにある中華の食材店。 日本食もかなりあります。 冷凍食品、野菜、お豆腐などが魅力です。
BIRMINGHAM FISH MARKET
BIRMINGHAM NEW STREET駅ビルに隣接したBULL RING SHOPPING CENTERの中にあります。 バスターミナルに隣接しています。 列車でもバスでもいけます。 バスは本数が少ないので列車の方が便利ではないでしょうか。 駅のエスカレーターを上がったら右前の方に進んでください。 大きなビルですが途中で外の景色の見えるところがあります。 さらに進むと進行方向にエスカレーター、それを降りるとちょっとした広場です。 もう一度エスカレーターで降りると駅ビルの出口近くです。 バスターミナルのサインを見て進んでください。 Fish Marketへはもう一度短い左側へおれるエスカレーターを使います。 もちろん車でも行けます。 バーミンガムニューストリートの駅にむかって下さい。 是非午前中に行って下さい。 午後は開店休業のようで品物も少なくなります。
WOLVERHAMPTON MARKET
BirminghamのFish Marketほどではありませんが魚屋さんが何軒かあります。 このマーケットは野菜が豊富です。 ゴボウはありませんが、その他のものは大抵見つかります。 曜日によっては、そとにもたくさん店が出て楽しめます。 すぐ前に大きな駐車場もあります。
BIRMINGHAM WHOLE SALE
いわゆる卸しの市場です。 市場の中にせりの済んだ魚をならべているお店があります。 いろいろの種類の魚が買えます。 少量でもかまわないようです。 朝6時までには着くようにしてください。 魚の他にもお花、野菜など多くあつかわれているようです。 日曜日は休みです。
TKトレーディング
Stirchleyの補習校Lord Silkin Schoolのガラス張りの一階の教室で、ひと月1回ぐらい土曜日 10時から12時30分ぐらいまで。 ロンドンから日本食直送。 支払いは現金かチェックで。FAXで予約注文できます。ロンドンの本店は、日本のスーパーマーケットのようです。
お肉の薄切りをしてくれる店 A. RYAN & SON (Much Wenlock)
TelfordからA4167を通ってMuch Wenlockの町に入り、四つ角でほぼまっすぐA458に入ります。 一つ目の角を左に曲がると左手に駐車場が見つかります。 Pay and displayです。 入り口と反対方向へ行くとMuch WenlockのHigh Streetに出ます。 左に行きますと右側に肉屋さんが見つかります。 Much Wenlockは小さな町ですがなかなか魅力のある店がたくさんあります。
大根の買える店
Sainsbury’s、WolvourhamptonのMarket、栄業行、Hadlay Centre 大根の他にサツマイモや長イモもあります。 水曜日の朝入るそうです。 場所は商店が並んでいる一番奥の店です。 すぐ手前にあるイギリス人の果物店が目立つので紛らわしいかもしれません。

D.I.Y.、ガーデンセンター、ファームショップ

■ D. I. Y.
Do It All
Telford Shopping CenterのSouth Water図書館側にあります。 Garden Centreもかねています。
B & Q
Telford Bridge Retail Parkの中にあります。 Sainsbury’sの近くです。 やはりGarden Centreをかねています。 ■ ガーデンセンター、ファームショップ あちらこちらにあります。 2、3紹介します。
Wyvale Garden Centre(Donnington店)
もとはファームショップだけだった所に大きなガーデンセンターができました。 ファームショップでは時期によってイチゴ、グリーンピース、アスパラガス等は畑で自分でピックして買うことができます。
Wyvale Garden Centre(Wolverhampton店)
M54のジャンクション3の近くです。 A41をWolverhamptonの方向へ2つ目の角を右に曲がって下さい。
Percy Thrower’s
先代がテレビのガーデン番組で活躍して有名な店です。 今のオーナーは娘さんですがこの辺りでは有名人です。

最終更新日 2005年1月14日

HEATHROWへ

半年もたつと大体日本からお客さんがきます。 すべて車で案内できたらいいのでしょうがそうもいきません。 でも心配ご無用、いろいろな方法があります。
■ 列車 基本的には Telford Central – London Euston – Heathrowの道順です。 時刻表は駅でもらえます。 最低4時間は必要です。 普通時刻表通りには着きませんからもっと余裕をもたれることをおすすめします。 Euston駅まで直通列車もありますが大体は乗り換えが必要です。 Wolverhampton乗り換えをおすすめします。 Birmingham – Newstreet乗り換えもたくさんありますがとても難しいです。 というのは乗り換え列車の時刻、プラットホームなど頻繁にかわります。 それで大きい駅ではまごまごしてしまいます。 Eustonへの到着時間はもちろん、プラットホームの表示画面で停車駅も確かめて乗ってください。 (Calling at 駅名、・・・ と表示) 遠回りをしたり、停車駅の多い列車もあります。 特に週末は予定通りに運行されないことがあるのでご注意を。 EustonからHeathrowまでは地下鉄が一番信用できます。 リターンも同じルートをおすすめします。 Londonで一泊するのも一案です。
■ バス Telford Bus Station – Victoria – Heathrowの道順です。 列車より時間がかかりますがお安いです。 TelfordからLondonのVictoriaまでバス、それから地下鉄利用です。 予約が必要です。 Telford Shopping Centreのバスターミナルの切符売り場で予約してください。
■ Flight Link 空港と空港を結んでいるバスで、これがとっておきの一番の方法です。 Wolverhampton – Birmingham Airport – Heathrowの道順です。 私の経験では時間、荷物の持ち運び、料金、信用度からもおすすめします。 誰でも利用できます。 一日14便、料金は往復で20ポンド前後。 私の場合はBirmingham空港まで車で行き、空港の駐車場にマイカーを置きFlight LinkのバスでHeathrowへ。 帰りはお客さんといっしょに同じルートでTelfordへという方法です。
■ タクシー 少し高くなりますが、安全で楽でいうことはありません。 特にお年を召した方をお迎えする時はベストですね。 Telfordで会社が頼んでいるタクシーを使います。 料金は大体140ポンド、空港に行く時に乗せてもらっていってもそんなに料金は変わらないと聞きますが、その都度確かめてください。

最終更新日 2005年1月14日

SHROPSHIREあれこれ

■ レストラン(伝統的なイギリス料理とフランス料理)
Raphaels
Gascon’s Restaurant
Da Vinci’sイタリア料理店です。
Renoirs Brasserie
Sol
Old Colehurst Manorちょっと変わっていて、おもしろいです。
Hundred House Hotel是非一番目に行ってみてください。
この他、各ホテルにもレストランがあります。 ホテルのレストランは日曜日もやっています。 ほとんどのレストランは予約が必要です。
■ 軽食、ティールーム
Bear Steps Coffee Shop
Poppy’s
Draper’s Hall
デパート、スーパーにもお昼を食べられるコーナーがあちこちにあります。 パブでも12時から2時ごろまで食べられます。
■ 観光、催し物 半日あれば楽しめる歴史的な建物、庭、素晴らしい景色が数えきれないほどあります。 又、音楽、ミュージカル、バレエ、演劇も手近に楽しめます。 図書館あるいはインフォメーションで情報が得られます。
観光

どこがよいかあまり多くて選ぶのが難しいのですが2、3推薦させていただきます。 もしお客様を連れていかれるなら、

Iron Bridge
もう皆さんご存知、かの有名な世界文化遺産の一つです。 テディーベアーの出身店Merry Thoughtも写真をとるかっこうの場所です。
Powis Castle & Garden
お城もいいですが、何といってもテラス式の庭が圧巻です。
Boscobel House
チャールズ2世をかくまってことで有名。 日本のある方がここのRoyal Oak Treeのドングリを日本に持ち帰り、そのお礼として寄付をし、それがここの基金となっているそうです。
Weston Park
初夏のシャクナゲ、いろいろの催し物、子供のためのAdventure Play Ground等もりだくさん。 1998年のBirminghamサミットのメンバーが休日をすごしました。 冬は閉鎖していることが多いので是非チェックを。 もし、ご自身楽しまれるなら、2月末からのスノードロップ、4月からのブルーベル、その後の一面真っ青のFlaxとポピーの畑、夏の夕方からのシェークスピア劇、花火付き野外音楽会、秋の紅葉も素晴らしいです。 10月になるとクリスマスの準備が始まります。
■ 劇場、映画館 さすが芸術の国、近くにたくさんのTheatreがあります。 設備は必ずしも立派でないところもありますが興味のある出し物に出会えるかもしれません。 また劇場に登録すると定期的に案内を送ってくれます。
Symphony Hall(クラシック中心)
立派なホールで一流の演奏家がたくさん来ます。 日本語で聴こうとしたら一万円もするようなコンサートがアッパーサークルの席だと10ポンドぐらいで聴けます。 この席で十分堪能できます。
Hippodrome(バレエ、ミュージカル、童話劇など)
11月から12月にかけての公演、バレエ ナッツクラッカー(くるみわり人形)は特に評判です。 その後、2月末まで童話劇(Pant mime)が上演されます。 ギャグが多く英語は難解ですが、子供といっしょに楽しめます。 Londonからミュージカルもやってきます。 人気の舞台はすぐ完売となります。 早めのブッキングを。この他、近くには、
Oakengate Theatre
Grand Theatre
Shrewsbury Music Hall
があります。
UCI10スクリーンの映画館。 もちろん封切り館です。
地方紙Shropshire Starには毎日、Shropshire Journalには毎回上映作品が紹介されています。 最初のうちは自分でチケットを予約して車を運転して劇場へ行くのはちょっと尻込みしてしまいます。 まずは旅行会社の企画しているバスツアーに便乗しましょう。 自分で劇場を予約して電車代を払うよりお安いと思います。 もちろん席もよい席が提供されています。 都合の良い日さえ合えばだんぜんお得。 イギリス人もずいぶん利用しています。 人気のある出し物は4、5ヶ月前に完売となります。 予約はお早めに!

最終更新日 2005年1月14日

もっと楽しもう!

■ ボランティア Shopping Centreの図書館の隣の建物、Meeting Point House内にボランティアデスクがあります。 訪ねてみてください。 言葉のレベルとか興味、特技によってピッタリのボランティアワークが見つかると思います。 個人の紹介より、ちゃんとした機関を通して活動される事をお勧めします。 これは日本のボランティアワークと同じです。 主婦や子どもの生活を考えると隣人、学校(無料)などイギリスのお世話になっていることが多いと気づかれるでしょう。 自分の出来ることで少しでもお返しできたら素晴らしいと思います。 また色々の人との出会いの場所になり学ぶことがいっぱい、自分のためにもなります。
■ GOLF 練習場(ドライビングレンジ、ピッチングアンドパット)はほとんどのゴルフ場にあります。 必ずプロがいますから習うこともできます。 Muxtonの練習場も人気のようです。 利用料は日本にくらべて驚くほどお安いです。 おおいに楽しんでください。 Beginnerお勧めのPublic Golf場
The Hosehay Village Golf Centre
次にゴルフに興味が出てきた方へ
Saint Andrews
■ テニス Telford International CentreにTelford Racquet & Fitness Clubがあります。 このセンターで一般の人(ビジター)もテニスをはじめバドミントン、スカッシュなどを習ったりプレイしたり出来ますが、このクラブのメンバーになるとコート使用、料金割引、試合への参加、その他催し等いろいろ特典がうけられます。 レッスン料は一時間14から20ポンドです。 ステキなコーチがいるとかいないとか。 人気のクラブの一つです。
■ ショッピング - デパート、クラフトセンター 地方に住んでいるとショッピングという点で日本との違いをまざまざ知らされます。 生活に必要な物は豊富ですが今一つ足らない気がします。 勿論Londonへ出かけたらよいのですが時間とエネルギーそれに交通費もバカになりません。 でも地方には地方らしさがあります。 掘り出し物を見つけて下さい。
比較的高級品をあつかっている大きなデパート

RACKHAMS (Birmingham)
Birmingham New Street駅の昇りのエスカレーターを降りて左に進むと方向を示すサインがあります。 そこを右に曲がると駅の正面の駅前通り。 しばらく行くと左手にRackhamsというデパートがあります。 ロンドンに行かなくても良いぐらい品揃えはこの辺り一番です。
Beaties (Wolverhampton)
Wolverhamptonの衣料品中心のデパート。 Rackhamsよりは小さいです。
クラフトセンター

Maws Craft Centre
Iron Bridgeのタイルミュージアムの横をさらに進んで下さい。 つきあたりにMaws Galleryはじめ何軒かのお店があります。
ST Julians Centre
Shrewsbury瀬戸内海のあるWyle Copの道を登りきった所、右側の教会です。 もと礼拝堂にたくさんのお店があります。
The Plassey Craft Centre
A5をShrewsburyを通り過ぎOswestryをかすめ、まっすぐA483に入りWrexhamの方へ。 B5426への入り口に大きな看板があります。 B5426をしばらく走ると左側に見つかります。 その中の一軒John & Jennifer Suttonというお店は以前ハロッズに出していたこともあるというお店です。 ティーコゼ、クッションカバーなど思わず買いたくなります。
Heart of the Country Village
M6のBirminghamへの出口、ジャンクション6でA38を北方向Lichfieldの方へ。 20Kmぐらい走りA5を越えるとすぐ右側にみつかります。 この行き方が一番楽だと思います。 スパゲッティージャンクションが不安な方はA5をCannockを通りA38にぶつかったらLichfieldの方へ左折してください。 大きなクラフト村です。 美味しいパンケーキのレストランThe Pear Treeもあります。

最終更新日 2012年4月27日(金曜日)

英国での出産

こちらでは”妊娠したかな”と思ったらまず薬局で Home Pregnancy Test(妊娠判定薬)を買い求め検査します。 Positive(陽性)であれば登録したGPへ予約をとります。 もちろん医院(Surgery)でも無料で尿検査によって妊娠判定はしてくれますが結果は数日待つことになります。 その後すぐ Midwife(助産婦)の家庭訪問があります。 既往症 これから出産までのことなどとても大切な1、2時間の話し合いでした この時専門用語など必要となります。 出産までの検診は医院でGP(ドクター)とMidwifeが交互に診てくれました。 4週ごとに1度から始まり臨月には毎週1度と、これは日本と同じです。 内容は尿検査、体重、血圧、腹囲の測定などです。 内診は出産まで一度もありませんでした。 妊娠5ヶ月の頃Wrekin HospitalにてUltra Sound Scan(超音波)でお腹の赤ちゃんと御対面です。 又この時の写真は有料ですが購入することもできます。 同じ時期にDown’s Syndrome(ダウン症)やSpina Bifida(脊椎破裂)を調べる血液検査があります。 出産する病院はTelfordではWrekin HospitalかRoyal Shrewsbury Hospitalになります。 原則として御主人が立ち会いますが強制ではないそうです。 立会いの場合は大量の入院用品(母親の着替え、身のまわりの品、新生児服、紙おむつ、バスタオル、ベビーベット用品など)の内容を御主人に知っておいてもらった方が便利です。 お産の進行中にベビーウェアやおむつを探すのは御主人の仕事ですから。 出産後は何も問題がなければ半日か1日で退院します。 その後はMidwifeさんが10日間、毎日、自宅を訪問してくれて赤ちゃんと母体の様子をチェックしてくれます。 これは心強いし、たいへん助かります。 (出産に関する費用は特別にプライベートの病院を選ばない限り無料です。) 妊娠、出産全般を通じで、何か要望や質問があればどんどん言った方が良いとおもいます。 とても親切に対応してくれます。 逆に遠慮していると不安は伝わらず、現状に満足しているととられかねません。 最後になりましたが、なかよし会の ”マタニティパック”は、妊娠、出産関係のさまざまな情報だけでなく専門用語の和訳がたいへん便利ですので紹介させていただきます。 ■ なかよし会(Japanese Friendship Group) ホームページ: http://members.lycos.co.uk/nakayoshi/

最終更新日 2012年4月27日(金曜日)

よせがき

”聞くは一時の恥 知らぬは一生の恥”

”聞くは一時の恥 知らぬは一生の恥”と自分に言い聞かせて五年半、毎日が新しいことの連続でした。 日本人の方、イギリス人の方からいろいろ教わった中で、これからTelfordで初めての海外生活をされる主婦の方のお役に立てそうな情報を書いてみました。
”生活の手引きが発刊されたのはこれが初めてです。”

新しくTelfordにいらっしゃった方々の為の生活の手引きが発刊されたのはこれが初めてです。 過去にこの種の生活手帳が無いままスタートを始めた方々は、そのスタートにおいて何かと分からない事が多く、苦労をしながら毎日を夢中で過ごされたことと思います。 この出版にあたりお手伝いさせていただき、何かのお役に立てたことを大変うれしく思っています。
”客観的に書いてみました”

英国での出産についての経験談(?)おもしろエピソードはたくさんあったのですが、なるべく客観的に書いてみました。 GPによって対応は必ずしも同じではないかもしれませんが参考にしていただければ幸いです。
”こんなのがあったらと思って”

自分の来英時にこんなのがあったらと思っていた冊子の編集に参加させていただいてうれしく思っています。

最終更新日 2012年4月27日(金曜日)


テルフォード学校へようこそのPDF (2013)